なぜ人気なの?キクハピが電話占い初心者にオススメされている理由とは?

自宅で気軽に鑑定が受けられると、今、大人気の電話占い。

人気・知名度が上がるにつれてネット上では沢山の電話占い情報サイトが登場していますが、あまりにも数がありすぎて、参考になるサイトはどこなのか探すのも大変ですよね。

今回紹介したいキクハピは、初めて電話占いをする人にこそオススメしたいサイトです。

なぜ、電話占い初心者にオススメなのか、それにはこんな理由があるからです。

電話占いの知識を得られてサイトの選び方も教えてくれる

初めて電話占いをする人にとって、一番知りたい事は何を基準に電話占いサイトを決めればいいか、じゃないでしょうか。

占術なのか、利用料金なのか、得意な悩み事なのか。

そもそも、電話占いの主流はどんな占術なのかわからない、利用料金の相場も知らない、こんな人ばかりだと思います。

キクハピではそんな電話占いの「知っておくべき知識」をちゃんと紹介してくれています。

電話占いの料金の相場はいくらなのか、それを基準に各有名サイトの利用料金も記載して、わかりやすく比較しています。

また、電話占いで人気の占術も詳しく書かれてるので、キクハピを見ると、電話占いの知識を知る事ができるんです。

電話占いの知識を得つつサイトの選び方もわかるので、電話占いサイト選びで失敗するリスクも防げて、自分が信頼できる電話占いサイトを見つけることができるんですね。

コラムには電話占い初心者が知りたい情報がいっぱい!

キクハピのコラムは、電話占い初心者の為にあるといってもいいほどのコンテンツ。

初めて利用した人が失敗しがちな事、電話占いの始め方、電話占いでやってはいけない事など、電話占い初心者が気になる事の解説が、コラムでは紹介されています。

嬉しいのが、リピートのやり方まで書かれている事。

お気に入りの占い師が見つかっても、またその先生に鑑定してもらうにはどうすればいいかわからない人も多いですよね。

そんな悩みが解決できる、占い師のリピートの方法もキクハピでは紹介しています。

電話占いの始め方から同じ占い師にまた鑑定してもらう方法まで詳しく書かれているので、このコラムを見れば初心者でもスムーズに電話占いが始められます。

キクハピがなぜ電話占い初心者にオススメのサイトなのか、その理由はわかっていただけたでしょうか。

電話占いの知識、サイトの選び方、初めての人が失敗しがちな事、気に入った占い師にまた鑑定してもらう方法。

初心者が知りたい情報が全て紹介されているので、初めて電話占いをする人にオススメなんです。

電話占いをしようか考えている人は、キクハピで情報を得てから、電話占いサイトを探してみるのもいいんじゃないでしょうか。

電話占いのキクハピURLはコチラ
https://kikuhapi.com/

セフレレストランを読めば初心者でも手軽に理想のセフレをゲットできる

セフレがいる生活に憧れても、どうやってセフレを作れば良いのか、そもそもセフレとはどう付き合っていけば良いのか分からないと悩む人もいるでしょう。

そんなセフレに関する様々な疑問や悩みを解消したい時に役立つサイトがセフレレストランです。

セフレレストランを見れば、セフレとは一体どんな関係を指すのか、セフレを見つけるにはどんなサービスを利用すれば良いかなど様々な情報を手軽にゲットできます。

セフレについて学ぼう

セフレが欲しい時に、セフレレストランに目を通すメリットは、セフレに関する正しい知識を身につけられることです。

出会い系などで、セックスに応じてくれる女の子を見つけることができたとしても、その後の接し方に問題があればセフレという関係に進むことができなくなります。

さらに、セフレという関係に応じてくれたとしても、連絡の取り方や対応などに問題があれば、あっという間に関係が終わってしまうことも多いものです。

こうした失敗を避けたい、セフレ探しで苦労をしたくないという場合は、まずセフレレストランでセフレに関する勉強をしておくことがオススメです。

正しい知識を学び、セフレ作りに関するコツを学んでおけば、初心者でも手軽にセフレを持つことができるようになるでしょう。

セフレ探しの手助けもしてくれる/h3>

セフレについて学べたり、体験談を読めることで人気のセフレレストランでは、セフレ作りに使える出会い系サイトの紹介も行っています。

身近にセフレ候補となる女性がいない場合は、自ら行動を起こす必要があります。

そんな時に、活用をしておいて損がないのが、出会い系サイトです。

ただ、どんなサイトを選べば良いのか分からないと、悩む人は少なくありません。

セフレレストランでは、初心者でも安心して利用できる出会い系サイトが紹介されています。

さらに、注意点なども分かりやすくまとめられているため、安心してセフレ探しをしたい時は、セフレレストランの利用を考えておいて損がありません。

セフレが見つかるサイト&アプリランキングはコチラ

忍者にとって鎖鎌の武器とは?

素人の私たちからしたら「そんなの持って重くない?」とツッコミを入れた貴方は忍者になれるかも知れません。何故なら、本当に忍者は鎖鎌を携行していなかったからです。

鎖鎌が活躍できたシーン

身軽でなければ任務を遂行できない忍者にとって、忍術や罠で相手を仕留められないときの戦いは至近距離でした。
そのための体術の鍛錬だったわけですが、要人などを暗殺する場合、どうやっても近づけない場合があります。そういった時に用いられていたと言われています。
ただ、鉄砲伝来により、鎖鎌の使い手より鉄砲使いの忍者の方が増えていきました。

なぜ鎌でなくてはならなかったのか?

鎖鎌は忍者にとって基本的な武器の一つである鎌に鎖と分銅をつけたものです。
では、どうして鎌が基本的な武器だったのでしょうか?もっと殺傷力のある武器を思いつくこともできたはずです。

安土桃山時代から江戸時代にかけて、忍者は農民に扮して諜報活動を行い、夜になると黒装束で暗躍していました。
もし、あらかじめ刀などを自宅に隠していたら、バレてしまうかも知れません。当時の刀とは、現在でいう拳銃のようなもので、職人が作ったものを購入するということは身元が判明することでもあったのです。
そこで使われるようになったのが鎌です。

鎌なら相手の首を掻き切ることもできますし、トンネルを掘る際の道具などにも利用できました。
いつでもどこでもどなたでも手に入る。それゆえに鎌だったのです。

なぜ忍者は黒装束の姿なのか?

忍者は昼間どうしているのか?

忍者が黒装束をまとっている理由は、シンプルに暗闇に紛れるためです。なので、映画で白装束の忍者が登場するのは不自然なのです。
では、昼間はどうなのかというと、さすがに黒装束はまとっていません。
任務を遂行するのは主に夜ですが、昼間は情報収集などに勤しんでいました。時に商人であったり、時に農民であったり。

装束に隠された三つの秘密

忍者の服装がユニークなのは、顔全体を覆う頭巾、体に密着した着物、しっかりと結束された足袋である点です。
これらにも勿論理由があり、まず頭巾については顔を隠すことは勿論、緊急時のロープとして、または止血のための包帯として使うため2mもある布きれを頭巾にしていたそうです。
また、時代劇で忍者の頭目がよく被っている兜のような頭巾は、内側に面が縫い込まれていました。甲冑にはおよびませんが、頭部をまもるためだったと言われています。

次に体に密着した着物ですが、これもシンプルに風の抵抗を軽減、障害物を避けやすくするためです。
そして、足下ですが、現在で言うテーピングのように巻かれていました。これは瞬発力を上げるためだけでなく、不意なケガでも歩いて移動できるように考えられていたからだと言います。

意外と知られていない手裏剣の使い方

星形の手裏剣は猫だまし?

手裏剣と一言に言ってもいくつか種類があります。おそらく、一般的には星形の薄いものでしょう。
しかし、その手裏剣はあまり使われることはなかったのです。
というのも、いくら薄く作っても数ミリの厚さがあります。それを数十枚持ち歩くのは現実的ではありません。

星形手裏剣の主な使い方は、逃走時に敵へ投げつける、捕らえようとする相手を絶命させるためのものでした。
特に猫だましのように勢いよく投げつけることがほとんどだったと言われています。

棒手裏剣こそ本当の手裏剣

映画、ゲーム、アニメなどで忍者が短刀を武器にしているシーンを見ますが、あれは嘘です。
何故なら、刀は一度使うと歯が欠けてしまいますし、相手を刺す、切る以外使い方が無いからです。
そのため、忍者は同じくらいの棒状になった手裏剣を用いていました。

棒と言ってもまるっきり棒ではなく、太い釘か細い鉈だとイメージしてください。
これなら、刺してよし、切ってよし、投げてよしなのですから。また、トリカブトの毒を塗るなど、軽い切り傷でも相手を絶命させることができるような形状でもありました。
勿論、相手が絶命する前に自分が殺されてしまいますが、任務の内容を口外してはいけないことが忍者の掟なのですから仕方ありません。

身の回りにあるものはすべて忍の道具

戦国大名は人物より城だった

今でこそ織田信長が戦国大名の中で一番だった、いやいや武田信玄こそが最強だったと語られていますが、その背景には自然と土木技術を上手くミックスさせた築城がありました。
上杉謙信であれば春日城、織田信長は岐阜城、北条氏康は小田原城と居城と名前が一致します。いずれも堅牢な城です。

平地で100対100で戦った場合、練兵もあるでしょうが勝つのは時の運です。
ところが、堅牢な城があれば、50人で数千人に勝つこともできます。実際、そういった戦いの記録が古今東西にあります。
とどのつまり、戦国大名の人物像は半分は幻想で、実のところ城や家臣といった領土を守る存在の方が重要だったのです。

城壁を越えれば勝負が決まった

城下を巡っている郭は武将の戦術で攻略することはできますが、石垣、城門になると力攻めです。
そこで暗躍していたのが忍者です。

彼らは、カマや鍬といった農耕具を使って城壁を削り取り、よじ登り、現代でいうバールのような大きな釘抜きなどを使って城門を打ち破りました。
たとえば、籠城戦で兵糧が残り少なくなったとき、常備している鈎細工を変形させて錠を開けて火を付ければ勝負は決します。
忍者に無駄な道具などないのです。

納得の忍者の変装トップ3!

僧侶

一言に僧侶と言っても山伏、虚無僧、出家坊などがいます。
虚無僧は深編笠を被った、時代劇などでおなじみの僧侶ですが、現実的に目立ってしまうのであまりポピュラーではなかったでしょう。
山伏とは山で修験している僧侶で、山間の戦場になる場所での諜報活動時に打ってつけでした。うっかり発見されても「霊山にて修行の身でございます」と誤魔化せます。
出家坊は一般的な僧侶の格好をしており、おそらく最も用いられた僧侶の変装でしょう。

商人

安土桃山時代から江戸時代まで、商業の街は限られており、それぞれの豪商が各地に販路を持っていました。
現在のように通販など無い時代ですから、雇われた商人の手によって各地へ売りに歩きました。
ただ、販路、取り扱う品などは商家によって決まっているので、これらを事前に調査しておく必要がありました。

芸人

女性であれば踊子、男性であれば大道芸人などが一般的でした。これも各地を放浪する職業であったため、諜報活動には打ってつけでした。
とはいえ、一つだけでなくいくつもの芸を身につけておかなくてはなりませんでしたから、忍者が忍術以外のことも日頃から鍛錬していたことがうかがえる変装ではあります。

忍者は化学者としても一流だった!

アクション映画のような跳躍や格闘、くの一であれば男性を虜にする性の秘術などかす知れず。
ところが、歴史を紐解いてみると忍者が化学者としても一流であったことがうかがい知れるのです。

忍者はマジシャンではない

忍術の代表的なものに火術があります。追っ手を煙に巻いたり、一瞬にしてその場を燃やしてみたり。
はっきりいって現実的ではありません。必ずトリックがあるはずです。
それを裏づけるように、忍者と中国の兵法書、そして戦国時代に伝来した火薬や火縄銃を実戦に取り入れたのは戦国武将ではなく忍者でした。
つまり、アニメなどで見る、念じると周囲に火の手があがるというのは化学に基づいたものだったのです。

驚くべき道具の数々

今でこそ可燃物に火を付けることは容易ですし、火薬の素になる材料は精製されて入手できます。
忍者のすごいところは、自然界にある鉱物から火薬の素を精製したり、植物油などで松明を少ない道具と限られた時間の中で作っていたことです。
一言に「火薬」と言っても、ちょっと量を間違えるだけで大爆発してしまいます。それを上手く調節して現代でいう発煙筒や手榴弾を作っていたというのですから驚きです。

金ヶ崎の撤退の知られざる裏舞台

歴史に名を残した仏僧忍者

安土桃山時代において、表向き僧侶でありながら裏では忍者、特に火縄銃の使い手であったという忍者が無数に存在していました。
その中で歴史に名を刻んだ一人が杉谷善住坊です。

鉄砲忍者といえば雑賀であったため、長らく雑賀衆の一人として語られていましたが、近代では甲賀衆であったと言われています。
この杉谷善住坊、類い希なる斥候能力と甲賀衆一とも言われる鉄砲の腕を持ち合わせていました。
そのため、甲賀衆を抱え込んでいた六角家が織田信長暗殺のために放ったと伝えられています。

ヒットマン痛恨の失敗

鉄砲の腕がいいということは、射撃だけでなく、いかにターゲットに接近し、確実なタイミングをものにするかという頭脳もなくてはいけません。
杉谷善住坊が狙ったのは、金ヶ崎からの逃避路。しかも25mという至近距離からでした。
おそらく、この絶好のチャンスで織田信長が絶命していたら歴史は大きく変わっていたでしょう。
ところが、着弾したのは織田信長の着物の袖。ケガ一つ負わなかったという奇跡です。

かなり恐怖を感じたのでしょう。織田信長は岐阜に戻るや杉谷善住坊を探しだし、竹製のノコギリで生きながらに首を切断するという極刑に処しました。

謎だらけの忍者らしい忍者

忍者は素性を明らかにしませんが、歴史に名前を残している者は必ず「○○衆」といったグループに属しています。
ところが、それすら曖昧で、また、仕えた大名も変えるというユニークな忍者がいます。戦国時代において裏切りは自分だけでなく属するグループの存亡が危うくなりますから、タブー中のタブーです。
この加藤段蔵という忍者、どのような経歴があるのでしょうか?

出る杭は打たれるは忍者も同じ

一説に加藤段蔵は伊賀衆だったと言われていますが定かではありません。常陸の国に生まれたということだけは判っているようです。
人一倍の身体能力を誇り、幻術にも精通していたそうで、まずは上杉謙信に仕官します。

上杉謙信は当時、北条氏康と敵対しており、そこで見事な諜報活動を行ったとされています。北条家には風間小太郎というこれもまた天才的な忍者がいましたから、並大抵の能力ではなかったと思われます。
ところが、それが仇になり、上杉謙信は「裏切るのではないか?」と猜疑心を覚え、加藤段蔵を処刑しようとします。出る杭は打たれるということですね。
それを察知した加藤段蔵は上杉謙信の下を離れます。

不可解な転職活動

難を逃れた加藤段蔵は、新たな大名に仕官します。
ここで考えられるのは、上杉謙信と同盟を結んでいない、そして、敵対もしていない大名への仕官です。
ところが、大胆なことに武田信玄へ仕官を申し出ます。通常、敵対している大名に仕えていた忍者が仕官してくるということは非常に警戒すべきことなのですが、「飛び加藤」の異名を持つ加藤段蔵を高く評価していた武田信玄は喜んで迎え入れます。

ここまでは思惑通りだったのでしょうが、面会の場へ案内されていく途中で斬り殺されてしまいます。