マスターしたい!簡単にかわいいキャラ弁をつくるコツ

キャラ弁を上手につくるには、多様なコツがあります。手間とお金をかけず、かわいいお弁当を完成させましょう。どんなポイントを押さえればよいのか、まとめてみました。

すき間におかずを詰めて豪華に見せる

弁当箱には、メインとなるおかずやごはんを先に入れましょう。まわりをほかの具材で埋めていくと、安定感が出ますしボリュームも増します。あまりにもすき間が多いと見た目にも寂しく、がっかりされてしまうでしょう。

薄いハムに切れ込みを入れて丸め、花の形にすると、華やかな感じになります。赤ウインナーも人気の食材です。定番のタコさんはもちろん、斜めに切ってから組み合わせればハートを作れます。

パプリカやスライスチーズを型抜きし、全体に散らすのもおすすめです。時間がないときは、十個くらいの枝豆を長めのピックに刺すだけでもよいでしょう。

のりを活用してバリエーションを広げる

のりはさまざまな用途に使えるすぐれものです。100円ショップでも売っているクラフトパンチを利用しましょう。笑った表情や動物の顔など、パーツをつくることが可能です。工夫次第で、ユニークなおかずができます。

細かい部品を切り出したいときは、小さくて刃先のとがったハサミがおすすめです。人気のアニメキャラの影絵をつくる場合にも、細い線まで切れることでしょう。ぱりっとした厚手ののりを用いれば、失敗が少なくなります。

おにぎりに一工夫すると、オリジナリティが高まります。ごはんを丸めてからのりを全体に巻けば、忍者の顔や「となりのトトロ」のまっくろくろすけのベースにもなるでしょう。

いろいろな小物でアクセントをつける

おかずに刺すピックにも、多くの種類があります。上部が葉っぱになっているものは、プチトマトに使うとさくらんぼになるのが魅力です。目玉をモチーフにした製品は、うずら卵と合わせればおもしろい眺めになります。

仕切りのバランについても、特別な器具が販売されています。柔らかめにゆでたニンジンをクマの形に抜き取れるものです。そのまま食べられる上、のりで目と口をつければかわいらしくなります。

中身を小分けするのに使用するカップは、シリコン製のものが便利です。いろいろなカラーがあり、弁当箱に合わせて選べます。何度も洗って繰り返し利用できるので、とても経済的です。

中身をカラフルにする

色とりどりの具材を詰めるのも、キャラ弁をおいしくするコツです。赤いプチトマトはリコピンが豊富で、免疫力を高めてくれます。緑黄色野菜はビタミンやミネラルをたくさん含み、体調を整える食材です。

黄色を加えるなら、卵焼きが適しています。ハムや魚肉ソーセージなど、女の子に好まれるピンク色を添えるのもよいでしょう。はんぺんやかまぼこなどの白い色も、ひとつ取り入れましょう。

彩りをよくしたお弁当は、栄養バランスがすぐれています。きれいで健康維持にも役立つなら、作る方もモチベーションが上がるはずです。食べる側も、毎日のランチタイムが楽しみになるでしょう。

保育園や幼稚園に通うお子さんは、キャラ弁が大好きです。少し不器用なママでも、毎日おかずをつくるうちに上達していきます。気楽に取り組みながら、バラエティに富んだランチを持たせてあげましょう。

戦国時代の忍者の正体とは!?

群雄割拠という時代

戦国時代は厳密に室町時代後期から江戸時代までの間を指します。

この約一世紀の間は日本にとってめまぐるしい時代の展開で、四半世紀は日本各地に大名が乱立し領地争いをしたほどです。

これを「群雄割拠時代」と細分化して呼び、忍者は特にその中で重要な役割を担っていました。

忍者に個人事業主はいない

今でいうフリーランスの忍者はいません。
必ず流派が存在していました。
有名なところでは伊賀と甲賀、根来といったグループです。

戦国大名は、これらいずれか一派と契約し、敵対する大名の動向や自分が治める領地の情報収集に利用しました。

歴史上、名前が遺されている忍者はごく一握りですが、彼らは有力大名と結託していた当時の頭目であることがほとんどです。

社会的身分が低い人間にお金を払って諜報活動を依頼しても、容易に裏切ってしまいます。
様々な分野にネットワークがあり、なおかつ統制された集団でなくては大名も安心できません。

大名は天下布武のため、忍者は自分たちの生活の保障を得るため、お互いの利害が一致していたことから戦国時代に忍者は隆盛をむかえたのです。

忍者は世界共通の職業だった

忍者のルーツは仏教を学ぶために修験道に入った僧侶が忍術を体得し、それを諜報活動などに用いるようになったからだと言われています。
敵対者の動向を探る術はいくるもありますが、あらゆる知識や体術に精通していたことが忍者を歴史上ユニークな存在にしたと言っても過言ではありません。
ただ、忍者は日本だけに限った職業ではありませんでした。

間者と墨攻

古代中国では敵対国の政情や戦場での状況把握に「間」と呼ばれる斥候が存在していたとされます。そのため、スパイのことを一括りに「間者」と呼ぶようになりました。
ただ、スパイにも色々で、特に有名なのが「墨」という城や砦の構造に精通した斥候です。
彼らは単に忍び込むだけでなく、築城だけでなく城を効率的に切り崩すことにも長けていました。あまりにも堅牢な城の場合、地下にトンネルを掘って場内へ侵入することもありました。
小国が大国を打ち負かす際に、その裏には必ず墨攻らの活躍もあったのです。

忍者にとても似たアサシン

世界中のスパイの中で、最も忍者に近いのは中央アジアで暗躍したアサシンかも知れません。
理由は、忍者が熱心な僧侶であったのに対し、アサシンはイスラーム教を信仰していたからです。宗教が根底にあるということは、強い信念を持っているということでもあり、裏切りの心配が無い、任務を全うできるということでもあります。
また、黒装束に短剣など、忍者と共通する点が他にもあります。